ちんこを大きく太くする方法

鬼頭を大きくする方法!カリを大きくして巨根になりたい人必見

男というものは、チンコの大きさや勃起時の角度、色などを周りと比較しがちです。

友達と比較して、こいつは長いけど細いだとか、長さは平均だけど太さは負けないなど、男のプライドを保つためにどこか自分が勝てる部分を探した経験はありませんか?

今回はチンコの大きさや太さに関係してくる「亀頭」について調べました。

亀頭の大きさは生まれ持ったものだと思っていませんか?

実は自分の努力次第で亀頭を大きくする方法があるんです!

鬼頭を大きくする方法とはどのようなものなのか、わかりやすく解説します。

手っ取り早く鬼頭を大きくするなら増大サプリがおすすめ!

亀頭を大きくするメリット・デメリット

カリを大きくするメリットやデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 包茎が治る
  • 自信がつく
  • 女性が感じやすくなる
  • 見栄えがよくなる

日本人男性の多くは仮性包茎ですが、亀頭を大きくすることで皮が亀頭を覆わなくなり、包茎が治るメリットがあります。

また、亀頭が大きいとセックスの最中に膣の中をグリグリと刺激するので、女性が感じやすくなり、お互いに満足感のあるセックスができるようになります。

デメリット

  • 膣に入れづらい
  • 感度が鈍る

亀頭の大きさにもよりますが、大きすぎるとセックスの挿入時にもたついてしまうことがあります。

十分濡れていないと入らない、ローションが必要になるなど、大きいゆえの悩みも出てしまいます。

また、亀頭が大きくなって包茎が治った場合、つねに亀頭がむき出しの状態で下着に擦れて刺激を受けているのが通常となるため、亀頭の感度が鈍る可能性があります。

亀頭の平均サイズ

日本人男性の平均ちんこサイズを発表したTENGAのデータによると、亀頭の平均は直径3.53㎝でした。

ご自身で測るときは、一番太い部分で測定してください。

直径が3cm以上なら、平均もしくはそれ以上と考えて良いでしょう。

チンコは思春期が始まると、ほぼ同時期に成長を始めます。

そして、思春期終了とともにチンコの成長も止まると言われており、亀頭のサイズもこの時期に決まります。

思春期以降であれば、亀頭増大に影響するサプリやトレーニングによって少しずつ大きくすることも可能です。

平均よりもチンコが小さいなと感じた人は、ぜひ亀頭増大にチャレンジしましょう。

カリの大きさで変わる女性の反応

大きさなんて関係ないと言っている女性も、大きいカリを目の前にすると喜んでいるのが目に見えてわかります。

きっと大きさは関係ないというのも本音でしょうが、実際にセックスをするとカリの大きさによって気持ち良さが変わるようです。

カリが大きいと膣の性感帯でもあるGスポットによく当たるので、ピストンのたびに刺激を与え、女性はイキやすくなります。

中イキさせるにはカリの大きさも関係してくるということですね。

鬼頭を大きくするトレーニング

亀頭を大きくする効果のあるトレーニング方法をご紹介します。

ミルキング

乳牛からミルクを絞るような要領で、ペニスの根元を親指と人差し指で握り、中指、薬指と順番に握っていくトレーニングです。

小指まで握れたら、そのままギュっと握りこんだまま数秒キープしましょう。

根元から血液を亀頭へ送るイメージで行うと、スムーズにできますよ。

クランピング

クランピングは、根元で親指と人差し指で握りこみ、血流を一旦止めます。

その後、指を離して止めていた血液を一気に亀頭へ送り込むトレーニング方法です。

血液を止める時間が長すぎるとうっ血したり、内出血が起こってしまうので、注意しながら行いましょう。

チンコ増大サプリと併用

上記のミルキング、クランピングのトレーニングを行うのと同時に増大サプリを飲むと効果がアップします。

ペニス増大サプリは血流改善や血液量を増加させる働きがあるものが多く、亀頭のサイズアップにも役立ちます。

血液量が増加した状態でトレーニングを行うと効率的で、より早く効果が現れるのでおすすめです。

オナニーで大きくする

普段行っているオナニーでも工夫ひとつで亀頭を大きくすることができます。

とても簡単なのでぜひ試してください。

  1. ローションを亀頭に塗っておく
  2. 亀頭を刺激しながらオナニーをする
  3. 射精を我慢する

この方法は亀頭の海綿体を大きくするのが目的なので、亀頭を刺激し続けることが重要です。

射精をしてしまうと、その後亀頭はくすぐったくて触れないという人が大半なので、射精を我慢して亀頭を刺激する時間を増やすようにしましょう。

途中で痛みを感じる人はガーゼなどを当てながら行ってもかまいません。

器具を使う

亀頭を大きくするための器具がいくつか販売されているので、今回はその中から2つをご紹介します。

ペニスリング

ペニスの根元に装着して、血液を溜め込む働きをするリングタイプの商品です。

リングを外した時に一気に亀頭へ流れる血液を利用して亀頭を大きくするもので、クランピングと同じ仕組みです。

手で行うクランピングより、このペニスリングの方が両手を自由に使えるので便利ですね。

装着したままあれこれ用事を済ませているうちに、装着している事を忘れてしまうと大変です。

忘れることはないと思いますが、装着時間が長くなりすぎないように注意しましょう。

タイマーをセットしておくのも良いですね。

ポンプ

ポンプはシリンダーの中にペニスを入れ、シリンダー内の空気を抜いて真空状態にし、ペニス増大をサポートする商品です。

真空状態でペニスが引っ張られる状態になるので、引き上げられた血液が亀頭へ集まり、かつ亀頭への刺激が加わるため、亀頭増大へ繋がります。

このポンプも時間を決めて使用するようにしましょう。

ずっと真空状態が続いているのは、チンコにとってあまり良いとは言えません。

やりすぎに注意です。

その他カリを大きくする方法

その他にカリを大きくする方法をみていきましょう。

仮性包茎を治す

日本人男性の多くは仮性包茎と言われており、勃起時には皮から亀頭が出てくるため、特に治療の必要はありません。

しかし、亀頭を大きくしたいのであれば仮性包茎を治すことで解決できる場合もあります。

仮性包茎でなくなると、常に亀頭がむき出し状態になります。

すると普通に生活しているだけでも亀頭が下着などで擦れて、刺激を受け続けることになりますよね。

この刺激を受け続けるということが亀頭増大に繋がるのです。

仮性包茎は医療機関で治療することができます。

大がかりな手術ではなく、レーザーで治療可能なので少しハードルが下がるのではないでしょうか。

気になる方はお近くの医療機関へ問い合わせてみてください。

手術でヒアルロン酸注入

亀頭を大きくする1番手っ取り早い方法は、ずばり手術を受けることです。

どのような手術かというと、カリ部分に注射器でヒアルロン酸を注入し、亀頭を硬く大きくするというものです。

ヒアルロン酸はもともと人間の体内に存在している物質なので、拒否反応が出ることもなく安全な素材といえます。

直接亀頭に注射針を刺すので怖いと不安になるかもしれませんが、麻酔によって無痛で処置が受けられるので安心して手術に臨めますよ。

気になる亀頭増大の効果は、注入するヒアルロン酸によって異なりますが、約数ヶ月~2年となります。

一番はチンコ増大サプリを飲む方法

これまで器具の使用や手術によって亀頭を大きくする方法をご紹介してきましたが、私の経験上、一番おすすめできるのが増大サプリを飲む方法です。

増大サプリは体にとってプラスになる成分のみが配合されており、医薬品ではないので副作用の心配もありません。

生活習慣の見直しにもサプリは役立ちますし、体質改善から亀頭増大までサプリが叶えてくれるので飲まない手はありません。

亀頭増大に欠かせない「シトルリン」「アルギニン」「亜鉛」が多く配合されているサプリが特におすすめです。

最強に効く!増大サプリ・精力剤はこちらでチェック

鬼頭を大きくする方法まとめ

亀頭が大きいと女性ウケも良く、男としての自信もアップします。

努力次第で大きくできるので、色々試しながら自分に合った方法を探してみてください。

手術をするとなると10万円以上かかってしまいますが、増大サプリや器具は数千円で用意できます。

増大サプリもトレーニングも継続する事が大切なので、すぐに結果を求めず数ヶ月続けましょう。

きっと満足できる効果が出てきますよ。