ちんこを大きく太くする方法

ペニス(ちんこ)の大きさは体の大きさに比例する?

「体が大きいとペニスも大きい」「鼻の大きさとペニスの大きさは比例する」など、ちんこにまつわる噂がたくさんあります。

果たしてこれらのの噂は本当なのでしょうか。

体の大きさとペニスサイズの関係について調べてみました。

体が大きいとペニス(ちんこ)が大きくなる

体の大きさと靴のサイズ、手のひらの大きさが比例するのと同じく、ペニスの大きさも比例していると言われています。

体の大きさというより、身長の高さとペニスの長さが比例するといった方が良いかもしれません。

身長が高い人のペニスは長い傾向にあり、身長が低い人は短い傾向にあります。

ただこの身長と比例するペニスの大きさというのは、勃起時の大きさを指します。

通常時のサイズでは特に身長との関連性はありません。

また、肥満体型の人は体が大きいとはいうものの、ペニスが小さいというデータが出ています。

私自身、身長165cmと男性にしては背が低い方で、実際ちんこサイズも小さくて悩んでいて、半ば諦めモードだったのですが、増大サプリを飲んでチンコがグングン大きくなりました。

背が低いから・体が小さいからチンコが小さいのも仕方ないと諦めている人に言いたいのは「諦めるのはまだ早い!」ということです。

効果のある増大サプリを飲めば、確実にちんこは大きくなります。

当サイトでは私が実際に飲んでみて効果のあった増大サプリを紹介しています。

実際に飲んで効果のあった増大サプリはこちら

ちんこサイズは遺伝で決まる?

ちんこのサイズは個人差があるものの、ある程度は遺伝によって決まります。

顔や体格と同じように、ペニスの大きさや形なども遺伝によって親から子へ受け継がれます。

ただし、ペニスの大きさには遺伝だけで決まるのではありません。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌が大きく影響しているため、ホルモンの分泌量によってペニスの成長度合いが変わるのだと覚えておきましょう。

体の部位の大きさはペニスに関係する?

よく、鼻はペニスを表していると言われますが、体の部位とペニスは本当に関係があるのでしょうか。

巷で囁かれるペニスの噂は本当なのかを見ていきましょう。

鼻が大きい人はちんこもでかい?

昔から「鼻が大きい人はペニスも大きい」と言われています。

しかしこの2つの関係について立証はされておらず、あくまでも噂だけのようです。

顔を下半身に見立てて、中心部にある鼻をペニスに置き換えて連想してしまうだけかもしれませんね。

指が長い人はちんこも長い?

日本でも外国でも、指とペニスの関係性について研究されており、どちらも「指の長さとペニスの長さは比例する」という結果が出ています。

人差し指と薬指を比較すると、通常男性は薬指の方が、女性は人差し指の方が長いのが一般的です。

これはホルモンの影響を受けているからであり、男性ホルモンが多いと薬指が長くなるのです。

ペニスも男性ホルモンの分泌量によって大きくなるため、薬指が長い人=ホルモンが多いということから、ペニスも大きいという結果に繋がっています。

足が大きい人はちんこも大きい?

足のサイズが大きい人は、ペニスのサイズも大きいというデータがあります。

これは身長とも関係しているのですが、身長が高ければ、支える足も大きくなるのが通常の発達です。

つまり、足のサイズが大きいと身長も高い確率が高いため、ペニスも大きいことがわかります。

筋肉質な人はちんこが大きい?

ペニスは海綿体でできており、筋肉とは無関係なのですが、ペニスを支えて勃起させるために必要な筋肉にPC筋という筋肉があります。

下半身のスクワットなどを行ってPC筋が鍛えられている人は、勃起時のペニスは自然と大きくなるでしょう。

筋肉質で体格が良い人は、普段から全身の筋トレを行っている場合が多いので、ペニスが大きいと思われます。

ちんこ(ペニス)と性欲の関係

ちんこの大きさと性欲は関係ないようにも思えますが、ちんこが大きくなるメカニズムを考えると一概に関係ないとは言えません。

ペニスは男性ホルモンであるテストステロンの影響を大きく受けます。

テストステロンが多いとペニスが大きくなるとともに、性欲も強くなると言われています。

つまり、ペニスが大きいから性欲が強いというよりは、男性ホルモンが多いからペニスも性欲も大きくなるということです。

体が小さい人はちんこサイズも諦めるしかない?

体の大きさとちんこの大きさが比例するのであれば、体が小さい人はもう諦めるしかないのでしょうか?

いいえ。まだ諦めるのは早いです。

ちんこは思春期に発達するものですが、大人になってからでも方法次第で大きくすることが可能なのです。

今から、ペニス増大に効果的な方法をご紹介していきます。

食生活の改善

健康的な体を作るためには、栄養が必要不可欠です。

ダイエットにも筋肉作りにも、それらに見合った栄養があるのと同じように、ペニス増大にも必要な栄養があります。

ペニスを大きくする事だけを考えた時、必要な栄養素は「亜鉛」「アルギニン」「シトルリン」が3大ペニス増大栄養素です。

これらを多く含む食材を積極的に食べるように心がけましょう。

牡蠣、レバー、スイカ、すっぽん、ニラ、にんにく、オクラ、メカブなどがペニス増大に効く食材とされています。

チントレ

ちんこに直接刺激を与えて行うチントレも効果的です。

簡単なチントレを紹介すると、

  • 半勃起状態のペニスを上下左右に引っ張る。
  • 勃起状態のペニスを根元からしっかり握り、牛の乳しぼりの要領で亀頭へ向かって握り上げる。

このようなものがあります。

これらのチントレを毎日行うことで、徐々にちんこが鍛えられ、勃起時のちんこが大きくなっていきます。

いずれの方法も痛みを感じたら無理して続けず、終了するようにしてくださいね。

PC筋を鍛える

PC筋はペニスからお尻にかけて存在する筋肉で、勃起時の支えとなってくれる大事な筋肉です。

このPC筋を鍛えることによって、勃起力アップとペニス増大に繋がります。

PC筋の鍛え方は、肛門をギュっと締める・緩めるを繰り返すのが一般的です。

1日10回3セットから始めて、慣れてきたら少しずつ回数を増やしていくと良いでしょう。

地味なトレーニングですが、PC筋の発達は早漏問題も解決してくれるので必ず行いましょう。

手術・注射

食生活の改善やチントレといった長期的な方法ではなく、即効性を求める人は医療の力を借りましょう。

ちんこを大きくしたいのであれば、ペニス増大の手術や、ヒアルロン酸を注入する方法があります。

手術といっても多くが日帰り手術なので、気軽に受けることができるのでハードルは低いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸の注入は効果が数年で切れてしまうので、数年ごとに注入が必要となります。

増大サプリを飲む

ちんこを大きくするのに、一番手っ取り早いのは「増大サプリを飲む」ことです。

短小ちんこに悩んでいろいろ試してきた私ですが、最も効果を実感できたのが増大サプリです。

ペニス増大を目的としたサプリはたくさん販売されていますよね。

サプリを選ぶ際は「アルギニン」「シトルリン」配合量のチェックをお忘れなく。

ドラッグストアなどで売られているものには価格が安いものもありますが、効果が薄い場合が多くおすすめしません。

当サイトでご紹介している増大サプリ・精力剤はいずれも私自身が飲んで効果を実感できたものばかりです。

個人差はありますが、用法を守って飲み続けていれば早くて1ヶ月ほどで効果が現れますよ。

実際に飲んで効果のあった増大サプリはこちら

ちんこサイズは体の大きさに比例するまとめ

体が大きい人は手や足が大きいのと同じく、ペニスも体の大きさに見合ったサイズに成長します。

また、指でもペニスの大きさがわかるので、服の上からでも「あいつはこのくらいの大きさだな」と予想できるということですね。

反対に他人から予想されていると思うと恥ずかしくもなりますが、その予想を上回る大きさでいたいものです。

ちんこは大人になってからでもサイズアップさせることが可能なので、体が小さい人も心配いりません。

チントレや増大サプリなど、自分に合った方法を見つけてペニス増大を目指しましょう。