ちんこを大きく太くする方法

ちんこ(ペニス)は大人になってからでも大きくなる?

男なら、ついビッグサイズのちんこに憧れてしまいますよね。

大きいだけで男としての自信がつくし、人に見られても堂々とできる気がしませんか?

もし今より少しでも大きくできるなら。と考えたことはありませんか?

でももう成長期も過ぎてしまったし、今更ちんこを大きく成長させるなんて無理なのでしょうか。

いいえ。実は、大人になってからでもペニスのサイズアップは可能です。

ではどのようにサイズアップしていくのか、どのくらい大きくなるのかを見ていきましょう。

実際、私自身が長年ちんこサイズに悩んでいたのですが、増大サプリを飲むことでサイズアップに成功しました。

効果のある増大サプリを飲めば、大人になってからでも確実にちんこは大きくなります!

実際に飲んで効果のあった増大サプリを先に見る

大人になってからちんこを大きくしたい

大人になってからでもペニスはサイズアップできると言われていますが、果たしてどのくらいまで大きくすることができるのでしょうか。

ちんこはどのくらいサイズアップ可能なのか

ペニスを大きくする方法は自分でできるものから、医療の力に頼るものまで様々です。

方法により大きさの限界値はありますが、平均して1~5cmほどサイズアップできます。

1cmじゃそんなに変わらないという印象かもしれませんが、ちんこが1cm大きくなると見た目にも結構印象が変わります。

実際1cmサイズアップした人は、セックスの時に今まで届かなかった部分まで届くようになり、女性の反応もとても良くなったといった口コミもあります。

ちんこはどれくらい大きくなれば見た目の印象が変わるのか?

パッと見て明らかに印象が変わるのは2cm以上大きくなった時です。

1cm大きくなれば感覚として「大きくなったな」とわかる程度なのに対し、2cm以上大きくなると見た目からして明らかに違います。

ペニスがサイズアップする時は長さだけでなく太さも一回りほど大きくなる場合が多いので、迫力もアップしますよ。

大人になってからのサイズアップは、思春期の頃のようにグングン大きくなっていくわけではありません。

増大サプリやチントレで大きくするにしても、すぐに大きくなるわけではなく、毎日のコツコツとした積み重ねによって自分では気付かない速度で少しずつ成長します。

即効性はありませんが、ちんこは大人になってからでも見た目でわかるほど大きくすることができるので継続して努力を続けましょう。

ちんこが大きくなる仕組み

ペニス(ちんこ)は3つの海綿体で構成されています。

勃起はこの海綿体の中にある毛細血管に血液が集まることで起こるのです。

つまりペニスを大きくするには、この海綿体をいかに大きくするかが鍵となります。

海綿体の毛細血管が太くなり、流れ込む血液が多いほど海綿体が膨らみ、ペニスのサイズアップに繋がるので、ペニスを大きくしたい場合は「血管を広げる」「血流を良くする」にポイントをおいて考えましょう。

大人になってちんこが大きくなる理由

思春期の頃のちんこの成長は、男性ホルモンの分泌によって起こります。

しかし、一旦成長が止まったペニスも血管拡張と血流改善によって大きくすることができ、この方法は大人になってからでも効果的なのです。

上でも説明したように、ペニスを大きくするには海綿体の毛細血管を広げていくことが重要です。

そのためには

  • 生活習慣の改善
  • 血流改善
  • ペニス増大に必要な栄養素
  • PC筋の発達

これらを普段から意識してみましょう。

ちんこを大きくする方法

ペニスを大きくするにはいくつか方法があるので、1つずつご紹介していきます。

チントレ

チントレは、コストもかからず時間と場所を選ばないので、誰でも簡単に始められるトレーニングです。

チントレ方法はいくつかありますが、オーソドックスなやり方は「引っ張る」「血液を集めて圧迫する」といったものです。

引っ張る

半勃起させたペニスを上下左右に痛くない程度に引っ張ります。

ペニスが伸びるところをイメージしながら行い、毎日続けましょう。

血液を集めて圧迫する

勃起したペニスを根元で強く握り、亀頭へ血液を集中させます。

その状態が長く続くように握った手はずっと離さず、圧迫を続けましょう。

これは血管の拡張に繋がります。

手術、注射で大きくする

手っ取り早くちんこを大きくするには、手術や注射を打つことです。

どちらも医療機関での診断と処置が必要なのでハードルは高いのですが、担当医に体への負担や費用などの相談もできますし、気になったことは何でも丁寧に教えてもらうことができるので安心ではありますね。

ちんこを伸ばすための手術から、亀頭を大きくするヒアルロン酸注入まであるので、自分が納得できる方法を選びましょう。

増大サプリを飲む

ちんこを大きくするために必要な栄養素がたくさん詰まった増大サプリを飲むことで、体の内側からペニス増大にアプローチできます。

ちんこサイズに悩んでいた私自身が実際に効果を実感できたのがこの「増大サプリを飲む」方法です。

ただし、Amazonや楽天などで売られている安い増大サプリは今ひとつ。まさに安かろう悪かろうです。

当サイトで紹介しているサプリは私が飲んでみて確実にちんこが大きくなった!と感じた商品だけです。

ペニス増大に欠かせない「シトルリン」「アルギニン」を毎日必要量サプリから摂取すると、たった数ヶ月で増大効果を実感することができますよ。

増大サプリは続けることに意味があるので、飲み忘れのないように毎日続けることが大事です。

私は1ヶ月くらいからジワジワと効果を感じることができました。

実際に飲んで効果のあった増大サプリはこちら

ちんこはオナニーで大きくなる?

オナニーでちんこが大きくなるという説がありますが、これはほとんど正解です。

ペニスは勃起しない状態が続くと委縮してしまい、サイズダウンしていきます。

一方、日常的にオナニーなどで勃起していると「まだまだ現役だ!」とペニス自体が活力を持ってエネルギッシュになり、サイズアップに繋がっていきます。

人によって好みのオナニー方法があると思いますが、ちんこが大きくなる方法があるので、ご紹介します。

次回からこの方法でオナニーしてみてください。

鬼頭オナニーで大きくする

ペニスを大きくするオナニー方法は、ずばり亀頭オナニーです。

亀頭を集中的に撫でたり刺激を与えるオナニー方法なのですが、なぜこれがペニス増大になるのかを説明しましょう。

ペニスを大きくするためには、海綿体を大きくすることが重要です。

亀頭オナニーは海綿体へ多くの血液を集合させ、毛細血管の拡張を図ることができます。

さらに指で握りこむと、血液が集まった状態をキープできるため、ペニスのサイズアップに適しているのです。

女性が必要とするペニスサイズ

男は「大きければ大きいほど良い」と思っているペニスサイズですが、女性からは「大きければ良いというわけではない」という声が半数以上あるのです。

だからと言って小さいのも嫌だという困った意見が多いのですが、では、女性が必要としているサイズはどのくらいなのでしょう。

セックスで気持ちの良いサイズというアンケート結果によると、約14.5cmでした。

しかし、日本人男性の平均ペニスサイズは13.5cmなので、女性は平均より少し大きいくらいを求めているのです。

大きい方が奥まで当たって気持ち良いということでしょうか。

ただ、この結果はあくまで「理想のサイズ」です。

平均サイズ±2cmあれば、お互いに気持ちよくセックスすることができます。

また、生物学的な観点で見ると、ペニスが平均より小さくても妊娠は可能ですし、小さいから男性不妊ということもありません。

射精した際、子宮の入り口近くまで精子が届けば妊娠は可能です。

まれに勃起時のサイズが5cmほどにしかならないマイクロペニスの持ち主がいますが、この方は残念ながら膣内で射精しても妊娠に至らないケースがほとんどです。

膣内は殺菌のために酸性で保たれているため、膣の入り口付近で射精すると、ほとんどの精子が子宮へたどり着くことなく死んでしまうのです。

膣の入り口から子宮の入り口までは平均8cmほどなので、ペニスが8㎝あれば妊娠は可能です。

大人になってからでもちんこは大きくなるまとめ

ちんこは大人になってからでも大きくする方法がいくつもあります。

チントレや増大サプリなど、継続してこそ結果が出るものが多いので、気を長くして毎日続けるようにしましょう。

まずは体調を整えて、生活習慣の改善からはじめてみましょう。

手術や注射という確実な方法もありますが、それなりに費用もかかるため躊躇される方も多いでしょう。

費用的負担も少なく、確実に大きくしたいならチントレと増大サプリを併用するのが一番効果的です。

1cmでも大きくなれば見た目はもちろん、セックス自体も変わりますよ。

自分自身のため、パートナーのためにちんこを大きくしてみましょう。